メッセージ
message

社長メッセージ

中部地方の可能性を
最先端の
コミュニケーションで
広げるために。

 地方経済の疲弊が叫ばれて久しくなりますが、地方には優れた技術力や斬新なアイデア、伝統に裏付けられた確かな技を備えた企業は数多存在しています。
 中部朝日広告は、創業以来、愛知、三重、岐阜に拠点を置く地域に根ざした広告会社として、地域のクライアントのみなさまの発展とともに歩んでまいりました。
 地域のクライアントのみなさまと同じ目線から、広告とマーケティングの課題をともに解決していく姿勢は、これからも変わりありません。
 クライアントに誠実に向き合い、きめ細かく丁寧で迅速な対応に努めながら、朝日新聞グループならではの幅広いソリューションと最先端のコミュニケーション手法を活用して、地域社会とクライアント企業の躍進に全力で取り組んでまいります。

代表取締役社長八幡 慎一郎

企業方針

地域の広告主に
寄り添い、
広告/マーケティング
活動を通じて
地域社会の発展に
貢献する

VISION

 私たちは愛知、三重、岐阜をネットワークで繋ぐ地域に密着した広告会社として、きめ細やかなコミュニケーションと、朝日新聞グループの強みを生かした質の高い最適なソリューションの提供により顧客ニーズに応え、良質で有益な広告情報を地域にお届けすることで、地域経済とひとびとの暮らしに貢献する会社でありたいと考えます。

活動指針

地域の声に耳を傾ける
 私たちの活動の原点は、地域に根ざして、地域のために頑張っている企業を、広告の側面から応援していくことです。そのために、どんな小さな声にも耳を傾けてまいります。
コミュニケーションを大切にする
 広告やマーケティングのお困りごとには「直接の対話」を通じて課題を抽出し、ご納得いただける最適なご提案を続けてまいります。
迅速に対応する
 地域に拠点をもつ会社だからこそ、お客様のニーズに迅速に応えられるよう、いつでも対応できる態勢を整えています。
提案の質にこだわる
 ご提案の質にはとことんこだわります。朝日新聞グループのソリューションからインターネット広告の活用まで、幅広い領域の中から質の高いご提案をいたします。
結果を重視する
 施策の実施だけでなく、結果にこだわり、常に最善な広告効果を追い求めてまいります。